SCfW ver2.2.0.0 リリース情報

Sword Client for WEKO ver.2.2.0.0

2014年4月16日にリリースしましたSword Client for WEKO ver.2.2.0.0の情報をお知らせいたします。

下記サイトにてダウンロードが可能できます。
http://weko.at.nii.ac.jp/

WEKO ver2.1.5.0からの機能と変更・修正点は下記の通りです。

◆追加機能
 ■アイテム一括更新機能
  アイテムを一括更新することができるようになりました。
  更新にはアイテム更新キー(WEKO_URL)が必要です。
  登録に使用するメタデータファイルに更新キーは、新規登録時に付与されます。
  
 ■JuNii2 ver3.0対応
  JuNii2 ver3.0に対応いたしました。
  JuNii2 ver3.0の仕様はこちら<http://www.nii.ac.jp/irp/archive/system/junii2.html>をご参照ください。
  
 ■フィルター更新機能
  接続中のWEKOに登録されているアイテムタイプを取得してフィルターを更新できるようになりました。
  
  WEKOのアイテムタイプを修正した際に、SCfW → コンバータ → フィルタ管理 →
  コンバータ更新ボタン押下から、接続中のWEKOのアイテムタイプに応じたフィルターに更
  新できます。
  
 ■フラッシュ表示対応
  フィルター編集において、属性タイプファイルの表示形式にflashが選択できるようになりました。
  
 ■フィードバックメール送信先設定機能
  アイテムの利用統計(フィードバックメール)をcontributorだけでなくWEKO著者典拠に登録済の著者へも
  送付できるようになりました。
  また、フィードバックメール送信先をSCfWから登録できるようになりました。
  なお、本機能の利用にはWEKO上の著者典拠にユーザー情報が登録されている必要がございます。
  
 ■インデックスツリーの表示
  ユーザーアカウントに応じたインデックスツリーの表示に対応しました。
  
◆不具合対応
 ・インデックス作成の不具合の修正しました。
 ・名前の区切りをスペースでも区切れるように修正しました。