WEKO ver.2.2.0 既知のバグ

2015-08-11
2015-11-12訂正 
WEKO ver.2.2.0 既知のバグにつきましてお知らせいたします。

【一括登録】

1.PDFカバーページ設定をしているインデックスに一括登録ができない
 
  (不具合詳細)
  PDFカバーページをありにチェックしているインデックスに対しSWORD Client for WEKOで
一括登録を行おうとすると、デポジット処理において「サーバーが無効な応答を返答しました」
  とのメッセージが表示され処理が中断する。

  (対策版適用までの対処)
  一括登録の際に、PDFカバーページ設定のチェックを一時的に外し、一括登録終了後に
チェックありに戻してください。   
 
2.一括登録においてPNG形式の画像ファイルを本文ファイルとして登録できない

  (不具合詳細)
  SWORD Client for WEKOでPNG形式の画像ファイルを本文ファイルとして一括登録を行おう
とすると、デポジット処理において「サーバーが無効な応答を返答しました」とのメッセージが表示
され処理が中断する。

  (対策版適用までの対処)
  PNGファイルは一括登録ではなく、Webブラウザからの個別登録で登録する。

3.アイテムタイプを削除した後で、一括登録ができなくなる

  (不具合詳細)
   いままで使用していた、もしくはSWROD Client for WEKOで意図せず作成されたアイテム
タイプを削除し、再度一括登録を試みると、「 ("You do not have permission to use the item
 type")」のメッセージが表示され、処理が中断する。

  (対策版適用までの対処)
   正しいアイテムタイプを誤って削除したのであれば、JAIRO Cloud事務局までご連絡下さい。
WEKOとSWORD Client for WEKOの不整合により作成されたアイテムタイプであれば、
SWORD Client for WEKOの「フィルタ更新」により整合性をとってください。
   メタデータテンプレート(Excelの雛形)も、SWORD Client for WEKOのテンプレート出力に
よるものと差し替えてください。

【個別登録】

4.アイテム登録のリンク編集で、WEKOモジュールが消える

  (不具合詳細)
   アイテム個別登録のリンク編集画面において、リンク設定がされた状態で、インデックス名を
クリック(インデックス内アイテムの一覧表示)しようとすると、WEKOモジュールが消えてしまう。

  (対策版適用までの対処)
  インデックス内のアイテムの確認は、WEKOの検索画面にて行ってください。

5.特定のケースで著者候補呼び出しによる著者の変更ができない

  (不具合詳細)
  アイテム個別登録画面で、特定のケースにおいて、すでに登録された著者に対し、著者候補
呼び出しによる著者の変更ができない。

  (対策版適用までの対処)
  なし

6.特定のケースで、著者の典拠データにメールアドレス登録ができない
 
  (不具合詳細)
  アイテム個別登録画面で、特定のケースにおいて、登録すみの著者のメールアドレス情報追加
ができない。

  (対策版適用までの対処)
  なし

【ハーベスティング】

7.外部リポジトリからのハーベスティングが正しく動作しない

  (不具合詳細)
  外部リポジトリからハーベストを実施しても、2階層め以下のインデックスにあるアイテムが登録
されない。

  (対策版適用までの対処)
  なし
     
【データ表示】

8.Permalinkが途中までしか表示されない
  
  (不具合詳細)
  特殊なケースにおいてPermalinkが途中までしか表示されない不具合が発生する。

  (対策版適用までの対処)
  なし

9.「Licence」欄がアイテム詳細画面で表示されない

  (不具合詳細)
  本文ファイルのライセンス設定において、自由記述のライセンス情報が、アイテム詳細画面で表示
されない。なお、Creative Commonsのマークは表示される。

  (対策版適用までの対処)
   なし

【利用統計】

10.JAIRO Crawler-Listのユーザーエージェントリストが反映されない

 共用ロボットリスト"JAIRO Crawler-List"のユーザーエージェントリストの情報が

利用統計に反映されない。ただし、WEKO管理画面での「除外対象のログ削除」であれば、

反映する。


11.「除外対象のログ削除」が繰り返し実行できていしまう

 WEKO管理画面の「除外対象のログ削除」を一度実行すると、作業の重複を避けるため

2度目の実行ができないように設計していたが、WEKO管理画面で「適用」ボタンを

クリックすると「除外対象のログ削除」が再度実行できる状態に戻ってしまう。


【本文ダウンロード】 (JAIRO Cloudでは対策済み)

12.PDFカバーページ以外の先頭ページも余分に削除される

 PDFカバーページ付与済のPDFファイル(500KB以上)を1秒程度の間を開けてダウンロードすると、PDFカバーページ以外の先頭ページも余分に削除される


【サイトライセンス】(JAIRO Cloudでは本文ファイルの機関内限定公開のみで使用)


13.定型レポート(サイトライセンス利用統計)の出力内容が整形されていない

 定型レポートの「logReport_SiteAccess_2015-07.tsv」について

 後半にIPアドレス毎(?)のアクセス数が出力される


14.サイトライセンスフィードバックの集計内容不備

 アップデート日以降のサイトライセンスユーザーの操作ログのみが集計されている

 (古いログが集計されていない)


【Google対応】


15.Google向けタグの一部修正
 Google向けの<meta>タグ出力で値がNullのものについても、タグだけが表示されていたが、
表示されないようにする。

 
 

WEKO ver.2.2.0 リリース情報

2015年6月25日にリリースしましたWEKO ver2.2.0の情報をお知らせいたします。 なお、全JAIRO Cloud機関への反映は、7月15日に完了しています。

[JAIRO Cloud 2015年7月アップデート内容] もご参照ください。
https://community.repo.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&&block_id=508#_508

◆追加機能
 ■ファイルダウンロード権限設定機能
  ファイルのダウンロード権限を設定できるようにしました。
  NC2のグループごとにダウンロード権限を設定することができます。
  
  アイテム登録画面からご確認いただけます。
  http://test.repo.nii.ac.jp/weko/help/ja/html/item_entry.html
 
 ■アイテム登録・編集画面遷移拡張
  アイテム登録・編集時に表示されるアイテム登録フロー画像をクリックすることで、
  指定した画面へ遷移できるようにしました。
  
  アイテム登録画面からご確認いただけます。
  http://test.repo.nii.ac.jp/weko/help/ja/html/item_entry.html
 
 ■一括削除
  アイテム管理画面にて、キーワード検索を実施した結果からアイテムを一括削除できるようにしました。
  
  アイテム管理画面からご確認いただけます。
  http://test.repo.nii.ac.jp/weko/help/ja/html/item_setting.html
 
 ■キーワード検索ログ改修
  有効な詳細検索項目(タイトル、著者、キーワード、抄録・内容記述、公開者、寄与者、雑誌名)のみを
  検索されたキーワードとして集計するようにしました。
  
  また、定型レポートにて、検索キーワードのランキングレポートを出力するようにしました。
  ログ解析画面からご確認いただけます。
  http://test.repo.nii.ac.jp/weko/help/ja/html/log.html
 
 ■共有ロボットリストの有効化
  NIIが提供する共有ロボットリストを元に、ログ集計からロボットのアクセスを除外するようにしました。
  
  共有ロボットリストは管理画面からご確認いただけます。
  http://test.repo.nii.ac.jp/weko/help/ja/html/setting.html
 
 ■ランキングタブ非表示設定機能
  ランキングタブを非表示にできるようにしました。
  
  管理画面からご確認いただけます。
  http://test.repo.nii.ac.jp/weko/help/ja/html/setting.html#view_ranking
 
 ■利用統計非表示設定機能
  詳細画面の利用統計リンクを非表示にできるようにしました。
  
  管理画面からご確認いただけます。
  http://test.repo.nii.ac.jp/weko/help/ja/html/setting.html#view_UsageStatistics_link
  
  また、利用統計がない場合、来月から利用できる旨を表示するようにしました。
  
  詳細画面からご確認いただけます。
  http://test.repo.nii.ac.jp/weko/help/ja/html/item_detail.html#usagestatistics
 
 ■CrossRefによるメタデータの自動入力
  アイテム登録時のメタデータ入力画面にて、CrossRef DOIを指定し、
  メタデータを自動的に補完する機能を追加しました。
  
  アイテム登録画面からご確認いただけます。
  http://test.repo.nii.ac.jp/weko/help/ja/html/item_entry.html
  
  なお、CrossRefからアイテム情報を取得するには、「CrossRef Query Services Account」が必要です。
  
  「CrossRef Query Services Account」は管理画面にてご設定ください。
  http://test.repo.nii.ac.jp/weko/help/ja/html/setting.html
 
 ■アイテムタイプフィルタリング機能
  使用できるアイテムタイプをユーザの権限に応じてフィルタリングできるようにしました。
  
  アイテムタイプ管理画面からご確認いただけます。
  http://test.repo.nii.ac.jp/weko/help/ja/html/itemtype_metadata.html
 
 ■学認対応
  サイトライセンス認可情報への所属機関情報として、OeganizationNameを追加しました。
  シボレスパッチを利用し、「uidpDomainName」に所属機関情報を出力することで、
  ログインしたユーザをサイトライセンス認可した状態にできます。
  
  管理画面からご確認いただけます。
  http://test.repo.nii.ac.jp/weko/help/ja/html/setting.html#run_license
 
 ■子インデックスへの設定反映機能
  下記設定値に関して、子インデックスに再帰的に設定を反映できるようにしました。
  
  ・インデックス公開日
  ・PDFカバーページ作成有無
  ・投稿権限
  
  ツリー編集画面からご確認いただけます。
  http://test.repo.nii.ac.jp/weko/help/ja/html/tree_edit.html
 
 ■インデックスツリーコピー機能
  Ctrlを押下しつつドラッグし他のインデックス上でドロップすることで、
  インデックスツリーのコピーを作成できるようにしました。
  
  ツリー編集画面からご確認いただけます。
  http://test.repo.nii.ac.jp/weko/help/ja/html/tree_edit.html
 
 ■検索設定のデフォルト値設定
  WEKOの簡易検索の検索タイプとして、デフォルトの検索タイプを「全文検索」または
  「キーワード検索」から選択できるようにしました。
  
  管理画面からご確認いただけます。
  http://test.repo.nii.ac.jp/weko/help/ja/html/setting.html#default_search_setting
 
 ■マッピング設定画面拡張
  アイテムタイプのマッピング設定画面にて、junii2、Learning Object Material、LIDOを
  プルダウンから選択した場合、カラム全体の表示内容が変更されるようにしました。
 
 ■DataCite DOI対応
  DataCite DOIを登録できるようにしました。
  
  アイテム登録画面からご確認いただけます。
  http://test.repo.nii.ac.jp/weko/help/ja/html/item_entry.html#doi
  
 ■JaLC DOI Prefix設定欄
  また、同一機関内で一つのDOI Prefixを運用する場合について、
  DOIの重複を起こさないようにする設定を追加しました。
  
  また、JaLC DOI、CrossRef DOI、DataCite DOIのPrefix設定欄について、
  表示・非表示を設定できるようにしました。
  なお、非表示となっている場合、該当のJaLC DOIは登録はできません。
  
  管理画面からご確認いただけます。
  http://test.repo.nii.ac.jp/weko/help/ja/html/setting.html#server_prefix
 
◆仕様変更
 ■30秒以内のアクセス除外
  ログ集計において、30秒以内の同一アクセスをダブルクリックと見なし、
  利用統計から除外するようにしました。
  
 ■Creative Commons
  Creative Commonsのリンクをver.3.0に修正しました。
  Creative Commonsを言語リソースに対応いたしました。
  
 ■サプリコンテンツ
  サプリコンテンツ登録時、Yハンドルのパーマリンクだけではなく、
  「http://xxxx/?action=repository_uri&item_id=yy」の形式でも登録できるようにしました。
  
 ■WEKO操作ログ
  除外対象であるアクセスをログに保存しないようにしました。
  除外対象は「共有ロボットリスト」およびWEKO管理画面の除外対象アドレスから判定します。
  
 ■OAI-PMH出力set指定時の動作
  OAI-PMH出力でsetを指定したとき、setで指定されたインデックスとその子インデックスに
  所属するアイテムを出力するようにしました。
  
 ■公開・非公開ボタン
  詳細画面の公開・非公開ボタンのレイアウトを変更しました。
 
 ■PDFファイルサムネイル画像ダウンロードURL出力
  OpenSearchの検索結果にPDFファイルのサムネイル画像をダウンロードできるURLを出力するようにしました。
 
 ■キーワード検索機能拡張
  半角・全角の区別なく検索を実施できるようにしました。
  また、指定した条件とアイテムの持つメタデータの紐づけをDublinCoreマッピングと
  junii2マッピングを用いて紐付けるようにしました。
 
 ■PDFカバーページ生成タイミング変更
  PDFカバーページについて、作成するタイミングをアイテム編集時から、
  ダウンロード時に変更しました。
 
 ■アイテム詳細画面の「公開状況」
  アイテム詳細画面にて、未ログインユーザに対し「公開状況」を非表示となるようにしました。
 
 ■GoogleScholar向けメタタグ出力
  GoogleScholar向けにメタタグの出力を修正しました。
 
◆不具合対応
 ・ファイルアップロードチェック時のチェックを強化しました。
 ・ハーベストの不具合を修正しました。
 ・Senna利用時に高速検索が実施できない不具合を修正しました。
 ・検索結果(一覧表示・目次表示)の表示不具合を修正しました。
 ・著者検索の不具合を修正しました。
 ・PDFカバーページの不具合を修正しました。
 ・CrossRef DOIの付与の不具合を修正しました。
 ・アイテムタイプがインポートできない不具合を修正しました。
 ・インデックス検索の不具合を修正しました。
 ・インデックスツリーの表示不具合を修正しました。
 ・ランキングに新着アイテムが表示されない不具合を修正しました。
 ・IEでの動作不具合を修正しました。
 ・非同期処理でHTTP1.1に対応していない不具合を修正しました。
 ・ログインを行うファイルダウンロードの動作を修正しました。
 ・プライベートツリーの不具合を修正しました。