JAIRO Cloud(共用リポジトリサービス)について

概要

 JAIRO Cloudは、2012年度より運用開始されたクラウド型の機関リポジトリ環境提供サービスです。核となる機関リポジトリソフトウェアに国立情報学研究所(以下「NII」)開発のWEKOを採用しています。


JAIRO Cloudの運営について

 NIIにより運営されてきた「JAIRO Cloud」は、2016年7月オープンアクセスリポジトリ推進協会(以下「JPCOAR」)の設立に伴い、JPCOARとNIIとの共同運営となりました。コミュニティサイトやユーザ窓口等の運用はJPCOAR、開発はNIIが担います。

 それに伴い、2017年4月からJAIRO CloudはJPCOAR会員向けサービスとなりました。


利用対象者

 JPCOAR会員

 ※自機関のJPCOAR連絡・調整窓口となる担当係と調整の上、お申込みください。


JPCOARについて

 以下JPCOARウェブサイトをご参照ください。


 JPCOAR

 https://jpcoar.repo.nii.ac.jp/

 会則

 http://id.nii.ac.jp/1458/00000010/

 会費規程/(参考)基本会費及びJC利用料金一覧表

 http://id.nii.ac.jp/1458/00000012/


サービス内容

JAIRO Cloudの構成図は以下のとおりです。



NIIが提供/管理するサービス範囲

区分項目内容
基本稼働時間原則、24時間365日(メンテナンス等除く)
ディスク内容申請内容をもとに割当て
URLhttps://○○○.repo.nii.ac.jp (応相談)
ソフトウェアWEKO(ウェコ)。~機関別のカスタマイズは無し
管理ソフトウェア管理初期設定、アップデート、メンテナンス
ハードウェア管理OS、ハードウェア、ネットワーク管理
サポートユーザ参加型のコミュニティサイト、個別問合せ対応

利用機関が管理/利用できるサービス範囲

区分項目内容
コンテンツ登録公開登録/入力コンテンツ/メタデータの個別または一括登録が可能です
公開通常公開または公開日等の設定が可能です
検索等フィールド指定検索、全文検索、ダウンロード、各種フォーマットによるメタデータエクスポートが可能です
セルフアーカイブユーザ登録、査読承認の機能が利用できます
コンテンツ流通ユーザインターフェイス画面デザイン等をブラウザ上で変更できます
JAIRO/CiNii 関連junii2準拠のメタデータ出力により、JAIRO/CiNii等とのデータ連携が可能です
パーマリンクパーマリンク(固定URL)が付与されます
その他統計データブラウザ上で統計データが確認できます
データ保管自機関にて、登録前コンテンツの保管をお願いします
(NIIでも、定期的にデータのバックアップを行う予定)


その他

商用データセンターの利用

 法定点検に伴う停電や機器の保守作業等によるサービス停止時間を抑制し、低コストでの運営を実現する為、民間の商用データセンターを利用しています。


JAIRO Clawler-Listの利用

 利用統計から検索エンジンのアクセスを排除するためのクローラー(ロボット)リストとして、国立情報学研究所が提供するJAIRO Clawler-Listをデフォルトで適用しています。詳細はJAIRO Crawler-Listもご参照下さい。


Google Search Console, Google Analyticsへの登録

 JAIRO Cloudに登録したコンテンツをGoogleから検索されやすくするため、また今後のサービスの参考にするため、各機関のJAIRO CloudについてGoogle Search Console及びGoogle Analyticsの登録を行います。


(2016-11-29更新)